TOP > 企業分析レビュー > ウォーレン・バフェットの投資先のわかりやすい共通点

ウォーレン・バフェットの投資先のわかりやすい共通点

b6PZ.DnEt(個人投資家)
2016-07-05 13:04
ビジネスモデル
中長期経済性
財務分析(P/L、B/S、C/F、ROIC)

世界最高の投資家ウォーレン・バフェットの投資先は極めて単純です。 徹底的にキャッシュ・フローを稼ぎ続ける会社だということです。おどろくほどキャッシュフローの形が似ています。 キャッシュ・フローマトリクスというグラフでみてみると明らかです。 このグラフは、縦軸に投資キャッシュフロー、横軸に営業キャッシュフローをとったもので、稼いでいる会社は右下の「安定期」のポジションにあるのです。 たとえば、今のバフェットの保有上位5社をみてみましょう。すべての会社が20年にわたって「安定期」にあり続けているのがわかるでしょう。

まずはコカコーラ。20年間のキャッシュフローの推移は以下の通り。 驚くほど安定期が続き、徹底的に稼いでいることがわかります。 COCA-COLA COMPANY (THE)のキャッシュフローマトリクス 20年分

次に、IBM。これもすごいですねー。(2015年はデータが入っていないため割愛してください) INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPのキャッシュフローマトリクス 20年分

そして、P&G(プロクターアンドギャンブル)。時に買収を行うため投資キャッシュフローが出ていきますが 基本的には、営業キャッシュフローが伸び続けています。 PROCTER & GAMBLE COのキャッシュフローマトリクス 20年分

ウォルマートも同様です。 WALMART INC.のキャッシュフローマトリクス 20年分

エクソン・モービルも同じです。 EXXON MOBIL CORPのキャッシュフローマトリクス 20年分

いかがですか?このようなキャシュフローの形の会社をみつけたらぜひ教えて下さい。 次のバフェット銘柄となるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    b6PZ.DnEt | 2016-07-05 | 個人投資家 | 0コメント
    ビジネスモデル
    中長期経済性
    財務分析(P/L、B/S、C/F、ROIC)

    コメントを書くにはログインしてください。

    無料会員登録がお済みでない方は、こちらよりどうぞ。