TOP > 企業分析レビュー > グローバル展開を加速する安川電機

グローバル展開を加速する安川電機

tiw(アナリスト)
2015-09-22 07:39
ビジネスモデル

多様な分野への拡大と、グローバル展開の加速

 1915年、電機メーカーとして創業したメカトロニクスメーカー。産業用ロボット、サーボモータ及びインバータで世界シェア首位。1949年、東京証券取引所第1部、大阪証券取引所第1部、福岡証券取引所上場。総資産3,882億円(2015年3月期末)。

 自動車分野から半導体、食品・薬品・化粧品など多様な分野へと拡大する、ロボットをはじめとする製造工程自動化装置の需要に対応すると同時に、人件費高騰によって自動化需要が高まりつつある中国における製造能力の拡充を図ることで地産地消型のリソース分散を進める。更に中国以外も強化し、グローバル展開を加速する方針。

市場全体並みの株価パフォーマンスを予想

 16/3期TIW予想ROE12.39%に対する直近PBR2.55倍のバリュエーションは、市場全体を上回る。世界経済の成長鈍化懸 念が続くことで、同社への市場の見直しが先送りになる可能性が高まりつつあると見て、株価パフォーマンス予想を一段階引き下げる。

アナリストが書いた詳しいレポートはこちら*有料会員の方はご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    tiw | 2015-09-22 | アナリスト | 0コメント
    ビジネスモデル

    コメントを書くにはログインしてください。

    無料会員登録がお済みでない方は、こちらよりどうぞ。